石渡誠
英語学校FORWARD 代表

ランゲージ・ティーチング・レボリューションズ代表取締役
松本亨高等英語専門学校卒後、21歳で同校専任講師に就任。5年間の教鞭後、米国に留学。南アラバマ大学でコミュニケーション学と英語学、ジョージタウン大学院にて日本語講師を勤めながら同大学院で英語教授法修士号、4年間で学士・修士号を取得。帰国後は松本亨高等英語専門学校を引き継ぎ、教育現場にて英語教育に専念。2004~12年カプラン・ジャパン代表。カリキュラム構築、マネジメントを手掛ける。ユニークな指導方法は、米国ABC放送や、ウォールストリートジャーナル誌などで紹介される。2013年にトップレベルの英語発信力養成に特化した英語学校FORWARD—English School for Change—を開校。

テクニックにこだわらない、真の実力を!

テクニックにこだわらない、真の実力を!
18歳の時に出会った言葉-「人生はテクニックではない!」
英語を学び始めるにあたり、故松本亨博士の著書「英語で考えるには」との出会いを機に、私は、松本先生の思想を実践していた「松本亨高等英語専門学校」に通いました。そして、この学校で、この「人生はテクニックではない」ということを、全身に教えられました。そこでの学びは、若者であって私に深く響き、そこでの学びを通じて、実力をつける事の大切さ、またその方法の効果を実感させられました。まさに、それは「テクニック」的なアプローチではなかったのです。卒業し、現在に至るまで、英語教育の実践の場で指導を重ねていますが、このフォワードは、故松本亨先生の考えがルーツにあります。

発信力から磨く人間力と英語力

発信力から磨く人間力と英語力
フォワードでは「発信力と英語力を高める」という理念に沿い、カリキュラムを組んでいます。インプットを十分にしてアウトプットをする、という考えに陥りやすい日本人ですが、実はアウトプットがあるからこそ、インプットも生かされてまたさらに増えていきます。そのためにも、自らがハードルを作らず、身体全体を開いて学んでいただきたいと願っています。

その結果として発信力に一番大切と言える、「人間力」を是非磨いて欲しいと願っています。「人間力」とは、人間にしかできない視野を広く、思考を深く、大きく世界に向けて、未来に向けて、改善したい、創造したいと想い努力する力、そして他人や社会との共和、共用、協力する力であり、これが大きな発信力につながると信じています。

仕事や信念、生き方は人それぞれ様々ですが、個性を生かしながら「人間力」、言い換えれば、個々の「人間的な魅力を高める」志で英語学習に当たって欲しいと考えています。




言葉は人なりを表します。



「人間力の向上」と共に、真の英語力が伸びる。
フォワードでは、そんな想いで、世界の様々な現場で通用する、トップレベルの英語発信力を身につけていただけるような学習環境を用意し、講師一同、鋭意その環境づくりと、指導にあたっています。

志高く、多様な環境で開かれた学びを

英語は、本気で正しく取り組めば、とても楽しく、必ず力はつきます。
同時に、言語は生涯学び続けるものでもあります。


実際フォワードには、英語力だけでなく、熱い思いや豊かな経験を持った方、また「英語レベル」においても、これから学ばれるから、既に世界を舞台に活用されている方まで、様々な受講生が集まって学びあっています。そしてそれぞれの目標に向かって実力を研かれています。

受講生には、英語力はもちろん、言語を超え、様々なことを認め合い、気づきあい、刺激しあい、学び合っていただきたい、そして年齢やレベルなどにかかわらず、志高く、大きく飛躍してもらいたいと願っています。
「やる気」ある「本気」で学習にあたれる方を常に応援しています。

Close

50% Complete

Two Step

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua.