終了しました:4/27英語 de 狂言ワークショップ 開催!Kyogen Workshop

Mar 19, 2019

狂言ワークショップ第2弾

和泉流宗家より、和泉淳子さんそして三宅藤九郎さんをお招きしての狂言WS第2弾。
学ぶことは、真似る。倣ぶとも言われます。手本としてまねる、見て学ぶ、そして型を身体で捉えていく過程、これは日本伝統芸能の基本ですが、言語の学習にも重なります。
そんなことも感じながら、狂言ワークショップ第2弾は、実際にもう少し声に出し、動いてみる実践編をお届けします。
狂言は全て口伝で伝えられてきましたが、言葉の持つ情景、心情などに体を寄せ、英語を超え、言語について、考えてみる機会ともなるでしょう。 ぜひ、皆様奮ってご参加ください。
そして5月には和泉流宗家による渋谷狂言ライブのご鑑賞もぜひ。体験後の舞台はまた一味も二味も異なります。

日 時:4月27日(土)18時ー19時15分
場 所:FORWARD E教室
参加料:受講生・Alumni 生:2,000円(税別) 
    一般:4,000円(税別) 
講 師:史上初狂言師 和泉淳子、十世 三宅藤九郎 

 

史上初女性狂言師 和泉淳子

狂言和泉流十九世宗家和泉元秀の長女として生まれる。
狂言600年の歴史上初の女性狂言師。3歳で初舞台。以後、公式公演に多数出演。昭和60年大曲「三番叟」、昭和61年「奈須與市語」を披く。昭和60年と61年にプロになるための登竜門である大曲「三番叟」、「奈須與市語」を披く。平成元年には成人を迎えるとともに国立能楽堂において「史上初女性狂言師誕生記念公演」を行う。同年、文部大臣より感謝状を受ける。平成6年「釣狐」を披く。平成7年NHK「ひるどき日本列島」キャスターとしてレギュラー出演。その他TVCM・ラジオなどで活躍。平成13年女性狂言師協会設立、代表に就任。平成27年大曲「花子」を披く。国際文化交流としての海外公演も13ヶ国30都市に及ぶ。
全国での学校教育公演を行い、初等教育にも力を注ぐ。金城学院大学講師。日本女子大学付属豊明小・中・高に学び、日本女子大学国文科卒業。現在は史上初の「母親狂言師」として長女・慶子、長男・和秀にも狂言師としての道を歩ませている。
BS試験放送番組審議委員。能楽協会会員。

 

十世 三宅藤九郎

和泉流十九世宗家・故和泉元秀の次女。2歳半で初舞台。
加賀藩前田家お手役者であった名家・三宅藤九郎家十代目当主。
狂言600年の歴史上2人目の女性狂言師。
全国公演・寺社での奉納狂言・学生向け芸術鑑賞教室のほか、企業やアスリートへの狂言研修も多数。
12カ国30数都市で公演。欧米での国際シンポジウム等や海外公演では英語によるレクチャー・解説を行うほか、米国の大学より招聘を受け英語狂言プロジェクトの芸術監督を務め(2012年)、内閣府対米広報事業で渡米し(2014、2016、2018年度)狂言ワークショップを計10州15都市で実施するなど、国際的な活動を行う。昨年は金沢・鈴木大拙館での狂言公演プロデュースや奥能登国際芸術祭参加など、アートシーンでの活動も広がりを見せる。

Kyogen Workshop Phase II

Learning is mimicking and imitating. The process of imitating a model, seeing, learning, and capturing their forms with one’s body is the foundation of traditional Japanese performing arts. It also overlaps with language learning.

In the second phase of the Kyogen Workshop, we will learn movements by using our voice. All Kyogen has been handed down orally. It will also be a good opportunity to consider language, beyond English, while paying attention to the scenes and feelings each word represents. Please take this opportunity to join us.

The live performance of Shibuya Kyogen by the Izumi Family will occur in May. Enjoying the stage after learning will surely be very different and fun!

Date and Time: April 27th
Venue:FORWARD Room E
Fee:FORWARD students/Alumni 2,000yen Non-FORWARD students 4,000yen
Instructor:Junko Izumi, Tokuro Miyake

Profile
Junko Izumi
First daughter of the 19th-generation head master of Izumi school of Kyogen, Motohide Izumi. She first appeared on stage at the age of three with her grandfather Tokuro Miyake the 9th. She became the first professional female Kyogen performer previously all-male world of Kyogen. Received an award of gratitude for activities from the Minister of Education in 1989. Appeared in TV commercial with popular success.

Tokuro Miyake the 10th 
The second daughter of the 19th-generation head master of one of the two traditional schools of Kyogen, the Izumi school, which has 580 year history. She is the second woman to perform Kyogen professionally in Japan, following her elder sister Junko Izumi. She first appeared on stage at the age of three. In 1989 she inherited her grandfather’s stage name Tokuro Miyake also received a letter of appreciation from the Minister of Education. She regularly performs on stage and holds educational workshops for students throughout Japan. She has performed in more than 14 countries and 30 cities. In 2012, she was invited from North Dakota State University as an Artist-in-residence to teach Kyogen to American students and directed 7times performances for the English Kyogen project “Wokashi”. Toured in the U.S. as part of a Japanese government delegation in 2014,2016 and 2018.

 
Close

50% Complete

Two Step

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua.