3月17日 FORWARDミニプレゼンテーション

Mar 11, 2019

 

FORWARDで年3回行われる全校発表会が3月17日(日)に行われます。
当日は、これまで練習を重ねてきた成果を発表する各種コンテストはじめ、11月に披露する各種プロジェクトワークチームの決起プレゼンテーション、そして今回は和泉流宗家による狂言スペシャルワークショップを予定しています。
FORWARDプログラムにご興味のある方はご覧いただけます。

MINI FESTIVAL SCEDULE

Sunday, March 17

10:00            Doors open
10:35-11:00 Newcomers Recitation Contest
11:00-11:25 Speech Contest
11:25-11:50 Veterans Recitation Contest
13:00-13:40 Kyogen 狂言 workshop
13:50-14:35 Group Presentation (5groups)
14:45-15:35 Panel Discussions with PW leaders
15:45-16:35 Group Presentations (5 groups)
16:35-16:50 Information & Closing

 

狂言ワークショップ

狂言ワークショップ 日本で古くから親しまれる狂言。600年前に誕生した演劇の原点です。"能・狂言”を併せて「能楽」と呼びユネスコの世界無形文化遺産にも登録されています。 今回は和泉流宗家より、和泉淳子さんそして三宅藤九郎さんをお招きし、狂言ワークショップをお届けします。当日は狂言の歴史に触れながら実際に発声や動きなど身体を使ってみることで、日本人の身体性に改めて触れてみます。

 

史上初女性狂言師 和泉淳子

狂言和泉流十九世宗家和泉元秀の長女として生まれる。
狂言600年の歴史上初の女性狂言師。3歳で初舞台。以後、公式公演に多数出演。昭和60年大曲「三番叟」、昭和61年「奈須與市語」を披く。昭和60年と61年にプロになるための登竜門である大曲「三番叟」、「奈須與市語」を披く。平成元年には成人を迎えるとともに国立能楽堂において「史上初女性狂言師誕生記念公演」を行う。同年、文部大臣より感謝状を受ける。平成6年「釣狐」を披く。平成7年NHK「ひるどき日本列島」キャスターとしてレギュラー出演。その他TVCM・ラジオなどで活躍。平成13年女性狂言師協会設立、代表に就任。平成27年大曲「花子」を披く。国際文化交流としての海外公演も13ヶ国30都市に及ぶ。
全国での学校教育公演を行い、初等教育にも力を注ぐ。金城学院大学講師。日本女子大学付属豊明小・中・高に学び、日本女子大学国文科卒業。現在は史上初の「母親狂言師」として長女・慶子、長男・和秀にも狂言師としての道を歩ませている。
BS試験放送番組審議委員。能楽協会会員。

 

十世 三宅藤九郎

和泉流十九世宗家・故和泉元秀の次女。2歳半で初舞台。
加賀藩前田家お手役者であった名家・三宅藤九郎家十代目当主。
狂言600年の歴史上2人目の女性狂言師。
全国公演・寺社での奉納狂言・学生向け芸術鑑賞教室のほか、企業やアスリートへの狂言研修も多数。
12カ国30数都市で公演。欧米での国際シンポジウム等や海外公演では英語によるレクチャー・解説を行うほか、米国の大学より招聘を受け英語狂言プロジェクトの芸術監督を務め(2012年)、内閣府対米広報事業で渡米し(2014、2016、2018年度)狂言ワークショップを計10州15都市で実施するなど、国際的な活動を行う。昨年は金沢・鈴木大拙館での狂言公演プロデュースや奥能登国際芸術祭参加など、アートシーンでの活動も広がりを見せる。

Close

50% Complete

Two Step

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua.